ガーデンフェンスで目立つのは、やはり斜め格子のラティスタイプです。薄く細い板が斜めに組み合わされているおしゃれな雰囲気は洋風庭園との相性が良く、明るい色合いのラティスに季節の花々が咲く壁掛けフラワーポットが飾られている風景もよく目にします。隙間の多いラティスは、目隠し用途には不向きですが、陽射しや風を遮ることなく、ある程度の高さがあっても圧迫感を感じさせないこともガーデン向きと言えます。ラティスのデザインが最も映える素材は、木の温かみが感じられるウッド系ですが、天然木の場合、細めの斜め格子では強度不足になることがあります。フラワーポット等を掛けたい場合は、樹脂素材のほうが安心して設置することができます。適度な強度があり腐食しにくいことから、頻繁に水やりをするガーデン素材に適しています。

目立つところに設置したい上品な天然木製

樹脂製素材とともにガーデン用に使われる人工素材で人気が高いのは、アルミ製素材です。ガーデン向きのナチュラル感を意識し、木目が施されたデザインのアルミ製品もあります。風雨に強く耐久性に優れ、適度な強度を持ちつつ軽量、年月が経過しても腐食も変色もほとんど生じないことから、主に、目隠しフェンス素材として重宝されています。各メーカーの製品それぞれに多種多様な素材やデザインがあり、組み合わせの違いも楽しめることから、手作りする人も増えています。樹脂などの人工素材も技術の向上で安っぽさがなくなってきており、リーズナブルで見た目も良い製品が増えています。花壇は天然木で囲んで、目隠しフェンスとしては樹脂やアルミの製品を使うなど、用途に合わせて選べる便利さもあります。

人工素材の特性を生かしたデザイン

天然木に似た外見の木粉入り樹脂素材のほか、アルミ素材に木目が施された製品もあります。風雨に強く耐久性に優れていることから目隠しフェンスとして選ばれやすい素材ですが、軽量であることを生かして、ガーデンでも活躍しています。花壇にはラティス、目隠ししたい位置に木目調のアルミ製ルーバーを設置するなど、適材適所で組み合わせます。金属素材では、スチール製のラティスも人気を呼んでいます。基本の斜め格子に、スチールを生かした曲線のデザインで変化を付け、ユーロピアンな雰囲気を高めた製品など、おしゃれな種類が多いのも特徴です。強度も申し分ないことから、重いフラワーポットやプランターを載せたり取り付けたりすることができ、アイデア次第で多様な使い方ができることから、人気が高まっています。