ガーデンフェンスにはスチール製や木製、プラスチック製などがあります。どの素材にも特徴がありますが、使用する目的によって上手に使い分けましょう。例えば、プラスチック製では強度が低いデザインもあるため、引っかけると雨や風による劣化が進んだ時に折れてしまう事があります。プラスチック製は安価でデザインも割と豊富にあるため、気軽に楽しみお洒落にガーデニングできる特徴がありますが、使用する目的によっては合わない事があるので注意が必要です。スチール製の場合には、強度もあり重い物を引っかけても問題なく使用ができます。プラスチック製とは異なりデザインは重厚感があるタイプからシンプルタイプまでは幅広く揃っている特徴があります。ただし、プラスチック製以上に値段が高くなります。

使用するメリットについて考えてみましょう

最近の木粉入り樹脂素材は、かなり近寄っても天然木と見分けが付かないほどの製品もあり、一昔前の安っぽさがかなり軽減されています。それでも、天然木フェンスにこだわりたい場合、ハードウッドと呼ばれる、耐久性と強度を兼ね備えた素材が向くとされます。樹脂に比べると高額ですが、天然木ならではの上品な温かみは、庭木の緑との相性が抜群です。ハードウッドでは、高い耐久性と色合いの美しさによって、ウリンという種類が高い人気を誇っています。木材の持つ雰囲気を生かすデザインであるルーバータイプにも選ばれやすい種類です。人気の上質素材だけに高価格帯の製品が多いですが、強度があり耐久性にも優れていますので、天然木の中では経年劣化しにくく、長く使える素材となっています。木材の美しさを生かし、目立つところに設置するフェンスに導入されています。

購入する時の注意点について知っておきましょう

ガーデンフェンスを購入する際に注意するポイントは、劣化がしにくくなるための塗料がしっかりとしているかという点です。例えば、錆が起きにくいように錆止め塗料が使用されているなどを確認しましょう。フェンスは常に外に晒されているため、雨などによって劣化のスピードが速くなります。人によってはアンティークが好みという方もいます。ですが、強度や安全性を考慮するとアンティーク調を選ぶようにしましょう。ただし、形状が小さく柵や目隠しとしての役割以外で利用するのであれば、アンティークや付加機能が付いていない物を選だとしても大きなトラブルは起きにくいです。使う目的によって、実際に使用しても問題はないかという点を購入前に考えてからにしましょう。特に錆止めは重要な機能なので十分に確認をしておく事が大切です。

新しく高品質でリアルな人工芝の販売を始めました。 樹脂のカラーサンプルや人工芝のサンプルを無料で送付しております。実際のカラーを見てから注文できます。 お庭や敷地の境界線に目隠しをお考えのあなたへ、最適な目隠しフェンスをご提案させていただきます!工務店からの注文もいただいており、プロも納得の品質です。 木目調樹脂でオリジナルプラスチックによる上品な木目調を実現! ガーデンに最適のフェンス購入はこちらのサイトから